日々の生活から美容を考える素敵を磨くレシピ♪

アンチエイジング最新注目記事

ほうれい線が消える!?ごま油うがい

アーユルヴェーダで勧められている、白ごま油(未焙煎)でうがいをすること。
ごまに含まれるゴマリグナンという抗酸化物質
疲れをとったり、風邪を予防したり、美肌効果、エイジングケア効果(肌にハリが出たり、ほうれい線が消えたり、抜け毛予防できたり、免疫力アップ)があるといわれている。

  1. 白ごま油を100℃以上まで熱して冷まします。
  2. 大さじ1杯を口に含み、30秒うがいをするだけ。

[参照]たった30秒でできる!ほうれい線が消える「ごま油うがい」とは

 

リンゴ幹細胞でエイジングケア

“腐らないリンゴ”として知られるスイスの希少なリンゴ“Uttwiler Spatlauber(ウトビラー・スパトラウパー)”の幹細胞エキス。
そのリンゴから摂れた植物幹細胞を人工増殖して増やし、そこから取れる原料を小さくナノ化しコスメに配合

幹細胞とは・・・

あらゆる細胞に変化することのできる細胞の元。
若い肌にはたくさんの幹細胞が存在しますが、
年齢とともに幹細胞が減少して新しい細胞を生み出す力も低下し、
徐々にシワやたるみといった老化現象があらわれると言われています。

[参照]「不老の果実」リンゴ幹細胞で究極のエイジングケア!?

肌を再生するスキンケア?!リンゴ幹細胞のパワーとは!

 

植物療法“ジェモセラピー”

ジェモ=ラテン語でつぼみを意味する言葉。
つぼみや新芽から抽出した成分(成長ホルモンのジベレリン、DNA、幹細胞、酵素など)をつかった美容法
主に用いられるもの=“ブナの芽エキス”

 

  • メルヴィータ:ナチュラリフトシリーズ

    “ブナの芽エキス”や、“ハイビスカス種子エキス”など配合
    ベタつかず、保湿力に優れているので、夏の乾燥肌や乾燥じわが気になる方に

     

  • ソービオ・エチーク:ローズケアシリーズ
  • “ブナの芽エキス”や“オーガニックローズ(100%天然のバラ精油)”など配合
    うるおいを与えてキメを整え、柔らかい肌に導いてくれるエイジングケアコスメ

     

メルヴィータ:ナチュラリフトシリーズ ソービオ・エチーク:ローズケアシリーズ

メルヴィータ Melvita ナチュラリフト ユースフルスキン クリーム 50mL


メルヴィータ Melvita ナチュラリフト ユースフルスキン クリーム 50mL
楽天 5,880円

ソービオ・エチーク ROビューティーフェイスマスク(75g) /ソービオ・エチーク/(顔用)

ソービオ・エチーク ROビューティーフェイスマスク 75g[ソービオ・エチーク ケンコーコム]
楽天 2,100円

[参照]これで美人力アップ!老化を遅らせるための肌ケア2つ

 

キメたるみ≠フ一因となる老化因子MMP1

MMP1≠ヘ加齢に加え、紫外線や細菌、アレルゲン、排気ガスなど、さまざまな要因によって真皮内に発生するコラーゲン分解要素。

MMP1<`ェックリスト
□UVケアをするのは夏場のみ
□アウトドアや屋外でのスポーツが趣味
□タバコを吸う
□化粧を落とさずに寝てしまうことがよくある
□野菜をあまり摂らない
□生活が不規則で、食事や睡眠の質が一定しない
□ストレスが多い
□平均睡眠時間は1日6時間未満
□疲れているねとよく言われる
□電車の窓に映る自分の顔に驚いたことがある
□冷暖房のきいた場所で過ごすことが多い
□真面目でつい頑張りすぎてしまう性格だ
□幹線道路のそばに住んでいる

※ひとつでも当てはまればMMP1が溜まっている可能性あり。

[参照]20代から30代のキメたるみ≠ノ着目。ポーラから初期エイジングケアシリーズ『D』誕生!

 

 

若返り遺伝子?『サーチュイン遺伝子』とは?

おなかが鳴るほどの強い飢餓を感じたときスイッチが入る遺伝子。
いったんスイッチがオンの状態になると、以降は低い摂取カロリーでも健康を維持できるようになるらしい。

サーチュイン遺伝子の効果とは・・・
老化のスピードを遅らせ寿命を延ばす効果
遺伝子の傷を修復し
100種類近い老化の原因を抑制するアンチエイジングの効果
脂肪の燃焼を促進するダイエット効果等

 

サーチュイン遺伝子を活性化する方法

  1. カロリー制限
  2. レスベラトロール(ポリフェノールの一種)摂取

    レスベラトロールを含む食材に、赤ワインやピーナッツの皮、イタドリという植物などがあります。

 

今よりも25%〜30%程度カロリー摂取制限をすればサーチュイン遺伝子は活性化されるそう。


[参照]空腹が人を健康にするってホント?!今話題の「食べない」健康法とは?

100歳の現役医師から学ぶ!究極のアンチエイジング方法【前編】

 

 

老化を促進する糖化とは・・・

糖分を取りすぎると、余分な糖分が体内のタンパク質と結合して
AGEという老化促進物質を作り出す。

 

糖化が起こると、組織が劣化して、動脈硬化や認知症、骨粗しょう症、肌トラブルなどを引き起こす。

 

身体の組織・血管、内臓、骨、肌・・・主要なものは
ほとんどがタンパク質でできているため、
身体のいたるところで糖化が起こる可能性があるということ。
コラーゲンエラスチンなどの美肌に欠かせない成分は、特に糖化に脅かされやすい性質。
そのため、シワやシミなど肌の老化現象を加速させることになってしまいます。

 

糖化の予防法は・・・
血糖値が上がる頻度を減らすような食事に。

 

血糖値の上昇を抑える食生活とは・・・

  • 食べ過ぎない
  • 適度に運動する
  • よくかんで食べる
  • 食事の際には、まず野菜類海藻類を食べる
  • (血糖の急上昇を防ぐ)

  • 間食は控えめに
  • (食後の高血糖の回数を減らす)

  • 市販のドレッシングやお菓子に含まれる「異性化糖」の摂取を控える

 

 

カモミール、セイヨウサンザシ、ドクダミ、ブドウの葉ミなどの薬草類、
ゴボウ・ホウレンソウ・サツマイモも糖化を抑制する働きが


[参照]ごはんを食べる順番で老化予防できることが判明!

[参照]「酸化」と「糖化」を理解して、生活改善→美人度UP

 

[参照]抗酸化はもう古い?アンチエイジングに良い「抗糖化」とは

これは驚き…医薬品よりハーブティーが肌の「糖化」防ぐ!

 

 

老化って何?

  • さびること(酸化)
  • しぼむこと(内分泌ホルモンの減少)
  • 潜伏性炎症(光老化など)

[参照]「老いる」ってどういうこと?

 

老化には二種類

外因性
:体内でつくられる酸性廃棄物が増えることが、肌の老化の原因
内因性
:肌質が原因で引き起こされる⇒保湿と紫外線対策

紫外線は肌の細胞にダメージを与えてコラーゲンを破壊する原因

[参照]たるみ、くすみ、シワ……アンチエイジング対策の掟とは@googirl

 

体の老化を進める習慣・物質

  • 紫外線
  • 乾燥
  • 血行不良
  • ホルモン不足
  • 糖化
  • 喫煙
  • ストレス
  • アルコール
  • 運動不足
  • 食品添加物

[参照]今日からストップ!老化を早める悪い習慣とは?!

 

 

老けてみえちゃうチェックポイント

    頭部

  1. 髪が細くなり、ハリがなくなっている
  2. 白髪が増えている
  3. 髪が薄くなっている
  4. 頭皮が硬くなっている

  1. 肌が乾燥してハリがなくなっている
  2. 毛穴が目立っている
  3. 額、目元、口元を中心にシミ、シワが増えている
  4. ほうれい線ができている
  5. 目にクマができている
  6. 瞼が下がっている
  7. 視力が下がっている
  8. 唇のボリュームがなくなっている
  9. 何年も同じメイクをしている

    身体

  1. 首にシワやシミができている
  2. 胴まわりに脂肪がつきやすくなっている
  3. 胸が垂れている
  4. 猫背になっている
  5. お尻の肉が垂れている

    手足

  1. 肘、膝、踵が硬化している
  2. セルライトができている
  3. 腕や太ももが垂れている
  4. 手足の甲に、シワ、シミができている
  5. 爪にシワができたり、硬化したりしている

    身のまわり

  1. 暗めの色の服が多くなっている
  2. 昔流行ったシルエットの服を着ている
  3. 機能性だけを重視した服や靴を選んでいる
  4. 下着や靴下は適当に選んでいる
  5. 今の流行に関心がなくなっている

[参照]「老けて見られないため」にチェックすべきポイント28個

見た目年齢の老化を食い止める方法とは?

たばこを止める
日焼け止めを必ず塗る
水をたくさん飲む
ビタミンCを多く含むフルーツを食べるよう心がける
十分な睡眠
顔の毛剃りは慎重に・不要な角質を剥離

睡眠をとる際には、うつぶせに寝たりして顔に圧力をかけないように。
顔の毛剃りは、皮膚に刺激を与え、乾燥を招いてしまいます
剃る前には、温かい濡れタオルで顔を拭き、潤いを与えたり、剃り終えた後にも、しっかり保湿

 

 

年を重ねるごとに減っていく肌のコラーゲンの生成量の減少も肌の老化を進行させる要因のひとつ。
コラーゲンの生成量は45歳くらいまでに3分の1程度減少してしまい、
不健康な生活が、さらにコラーゲンの生成量の減少に拍車をかけてしまいます。

[記事参照]不健康な生活は女の見た目を4歳も老けさせることが判明

若々しい肌を手に入れる!老化を遅らせる6つのヒント

 

ストレッチでコラーゲンの生まれ変わりが活性化されるのだそう。

[参照]山田優が小栗旬に愛されているのはアノ趣味のおかげ!?


 

「老け顔」になっちゃうNG行動5パターン

ビタミンAの摂り過ぎ

1日に450g以上のビタミンAのサプリやビタミンAを含む野菜ジュースや果物を摂ると、肌に黄味がかったり。

過剰なアルコール
タバコの吸い過ぎ

血行を促進させてくれる“酵素”を含む食品(キャベツ、ニンジン、セロリ、アボガド、キウイ、バナナなど)を積極的に摂るように。

氷美容

冷水や冷ミストを使用するように。

極端なダイエット

[参照]残念なくらい「老け顔」になっちゃうNG行動5パターン

若返れるテクニック

ファンデーションを薄くする

ファンデーションはあくまでも薄く、トラブルはコンシーラーでカバー

背筋を伸ばす

常に“肩甲骨を寄せる”イメージ

前髪を斜めにする

“ぱっつん前髪”ですが、女性を悩ませるほうれい線を逆に目立たせ、若作り感を浮き彫りに。

アイラインは、黒目の上を太くする

アイラインをひく際は、黒目の上部分を目頭目尻に比べて、太くひいて

[参照]驚くほど簡単!手っ取り早く「若返れるテクニック」5つ

たった1分でOK?若返るために行う呼吸=腹式呼吸のしかた

腹式呼吸で大切なことは吐くこと

 

思いっきり鼻から吸い、お腹をへこませながら口からゆっくり(20〜30秒程度かけて)吐き出す。

吸うときは鼻から空気を吸い込み、からだ全体に新鮮な酸素が行き渡るようなイメージで。
吐き出すときは体の中にある老廃物を外に吐き出すイメージ。

 

一日起床後と就寝前に1分行うだけでも体のリズムが整い、心が落ち着き、集中力も高まる効果も!

 

 

ピンク色の空気をイメージすると優しい気持ちになり若返る効果をもたらせてくれるそう!


[参照]たった1分でOK?若返りやストレス軽減に効果的な呼吸法

アンチエイジング おすすめ情報リンク集

タメなのにこんなに違う!「老けて見える人」と「若い人」の違い
長寿遺伝子:老化のスピードをコントロールする遺伝子

長寿遺伝子を活性化させるためには・・・

  • 適度な運動...ウォーキングよりやや強くジョギングよりもやや弱い、が理想的な運動強度
  • カロリー制限...ビタミンやミネラルなどの栄養素はじゅうぶんに摂りつつ、カロリーだけを減らすのがコツ
  • 抗酸化成分「レスベラトロール」を摂る...豊富に含んでいるのはブドウの果皮やピーナッツの薄皮、赤ワインなど

若さを判断する要素

  • 皮膚...キメ、シワ、たるみなど
  • 容貌...まぶた、毛髪、骨など
  • 体型...脂肪のつき方や姿勢の良し悪し

 

こんな人は要注意!春にどんどん老けこむ人のNG習慣5つ

  • 1:生活が不規則

    昼夜逆転生活では、メラトニンや成長ホルモンといったホルモン分泌が上手くいかなくなり、老けやすいサイクルに陥ってしまいます。

  • 2:肌の保湿ケアが不十分

    紫外線が一気に増える春は肌の水分が奪われがちで、自覚症状がなくても乾燥が深刻化している人が多いんです。

  • 3:外食・コンビニ食が多い

    化学物質が多いコンビニのお弁当は、普通の食事よりも肝臓を酷使してしまうので、その結果として早く老けてしまう恐れも。

  • 4:ホルモンバランスが崩れている

    特に冷えとホルモンバランスは密接に関係していますから、この時期こそ冷え対策が重要

 

体はもう若くない!老化をチェックすべきポイント4つ

  • 食べ物の嗜好が変わる(濃い味を好むようになる)
  • 白目が濁る、充血しやすくなる
  • 口臭がキツくなる
  • 白髪が増えてくる

 

モデルが教えるアンチエイジング 2013/3/3
活性酸素の救世主が野菜やくだもの

アンチエイジングに効果のあるおもな抗酸化物質

  1. 人参にたくさん含まれる「β(ベータ)カロテン」
  2. トマトの「リコピン」
  3. ホウレンソウの「ルテイン」

 

皮膚科医が警告!洗い残しがあると「どんどん老化する」

皮膚に汚れがついたままだと、古い角質層がたまり、新しい角質層に生まれかわる妨げとなり、正常な新陳代謝がくずれてしまいます。
さらに皮膚の汚れは細菌の住みかとなり、感染症やにおいの原因となります。

「かくれ老化」の人は、"睡眠"に問題を抱える割合が1.7倍に
かくれ老化のチェック項目

 

守っているだけでは駄目!これからは攻めのエイジングケアも必修!

  • コラーゲンで攻める!

    効果を上げるにはコラーゲンを増やす化粧品を使うこと!
    コラーゲンが作られるのを促してくれるのが、ビタミンC誘導体・ナイアシン・レチノール(ビタミンA)など。

  • 常に美白で攻める!

    美白成分の代表例:ビタミンC誘導体・コウジ酸・ハイドロキノン・油溶性甘草エキスなど

  • ピーリングで攻める!

    ターンオーバー(肌が新しく生まれ変わる周期)
    20歳で約28日、40代では約40日も!

これが若さの秘訣!いつまでも美しい女性でいる方法5つ
□ 無理なくできることを毎日継続する
□ 自分に合った化粧水を見つける
□ 質の良い睡眠をとる
□ UVケアを改める
□ 無理をしない食事制限
 * コラーゲンの働きを高めて、メラニンの生成を抑制してくれるビタミンC・・・フルーツ
 * 腸をきれいにする食物繊維・・・海藻
 * 疲れを取り、新陳代謝を高めるビタミンB・・・納豆、豚肉、緑黄色野菜
 * 体を錆びつかせる活性酸素を排除してくれるビタミンE・・・アーモンド、オリーブオイル

 

寝始めの3時間は、ホルモン分泌が最も盛んになります。この3時間に睡眠の質を上げることが、美肌作りに効果的。


 

長年の研究成果!資生堂が発見した「驚きの肌老化メカニズム」とは @美レンジャー
アミノ酸誘導体“スキンジェネセル1P”=バリア機能や水分保持力や、肌のキメ・なめらかさも改善。外的ストレスを受けても、自ら防御・修復できる、強い肌になる

 

恐怖!コラーゲンは減少より「劣化」が問題だった
加齢によってコラーゲンの量は減少するが、減少の割合はピーク時から10%程度。
(肌の保水に大きな役割を果たすヒアルロン酸は、生まれたときに比べると、40代半ばから50代には半分くらいに減少)
コラーゲンの場合、減少が問題なのではなくて、コラーゲンの質の劣化が問題。
⇒歳をとると、合成と同様に分解も遅くなり、古いコラーゲンが残りやすくなるため。

 

若返りホルモンがバンバン出る「ピンク色」取り入れ方3つ
ピンク色は身に着けるだけで精神が安定し、見た目にもHappy感を与えてくれるだけでなく、実際に女性ホルモンの分泌を活性化・アンチエイジング効果が。

 

肌老化を進める何気ない悪習慣!今すぐ始められる超簡単ケア@美レンジャー
アンチエイジングに効く!ちょっとした5つの日々の習慣@goo girl
あなたの肌を老化に導く、意外なモノたち!@goo girl
早すぎません!25歳から正しいアンチエイジング@All About MICO
専門ドクターが分析!最新アンチエイジングの真実&落とし穴!@美的.com
体の中から「アンチエイジング」最新ワード@X BRAND
跡の45歳、山田佳子さんの枯れない女の秘訣とは?@X BRAND
超人気女医「アンチエイジングに自然療法は必要」と語る@美レンジャー
アンチエイジングには食・植・触の“3しょく”が欠かせません
肌にはレセプター(受容体)があるので、なでたりさすったりするだけで治療の効果があると考えています。
入浴している間に首筋を若返らせるための「ながら美容」@美レンジャー
必ず驚く!千円未満でできる「寝ている間に若返る」方法@美レンジャー
気になりはじめたエイジングサインを今すぐケア!悩み別美容液&クリームはこれ!@X BRAND

 

年をとっても美しくいるために知るべき「若返り法」10個【前編】
年をとっても美しくいるために知るべき「若返り法」10個【後編】

  1. カロリーをできるだけ減らし、定期的な運動をする

    カロリーをできるだけ減らすことで長生き遺伝子“サーチュイン遺伝子”が活性化

  2. 食べ方を工夫して老化を遅らせる

    血糖値を上げないようにすること
    野菜から食べる、よく噛む、栄養価の高い旬の野菜を摂るようにする、精製されていない食品を見直す、加工物による身体への負担を減らす

  3. 若返りを後押しする良質な睡眠をとる

    年齢が上がるにつれ、深い睡眠が得られなくなってきます
    細胞を修復する成長ホルモンは、眠り始めてから3時間くらいの間が、最も分泌が盛んになります。
    修復には6時間程度かかってしまうそうなので、睡眠時間は6時間以上取るのが理想

  4. 髪の老化“白髪”や“抜け毛”に効果的な栄養成分を摂取する

    白髪も抜け毛も、“17型コラーゲン”というタンパク質不足が原因

  5. 美魔女をお手本に非常識メイクを身に付ける

    ツヤを出すテクニックや、しわを目立たなくするケアなど、立体感を出すことがコツ

  6. 表情筋を刺激してほうれい線を薄くする

    刺激するのは、口輪筋・咬筋・大小頬骨筋の3つ

  7. 年齢の出やすい手はマッサージしながらケアする

    手には皮脂腺がないので油分をしっかりと補う必要

  8. 油分が出すぎないように水分補給で毛穴対策
  9. 頬の位置を錯覚させるチークを入れる

    チークは頬骨より上にのせる、頬骨の下にはシェーディングは入れない、顔型によって入れ方を変える

 

首にイボ?お肌の老化を予防しましょう!
=杏仁オイルの使い方=
朝の洗顔後や夜お風呂から上がったら、気になる部分に塗りこみます。
強く擦ってイボを傷付けないように。
杏仁の有効成分がイボに浸透して行き毎日続けることで徐々に縮んだり、取れたりしていきます。
また、取れる前に若干イボが膨らむ場合もありますが、効果があるしるしなので、焦らないで続けましょう。
続けても一向に改善されない場合は、ウイルス性のイボの場合もあります。イボが増えたり大きくなったりし続けている場合は、病院に相談してください。

 

どうみても30代。 南雲吉則医師(57歳)が提唱する信じられない若返り健康法が話題に。

 

 

若さには歯が重要!アンチエイジングは口元から
歯の老化度チェック

美魔女に習うテクニック リンク集